東京の医学部受験予備校を選ぶ方法について

東京の医学部受験対策専門予備校メディカルラボへ

東京の医学部受験対策専門予備校メディカルラボへ | 予備校の最終進学者数を聞いて | 本命の医学部に進学できた

私は医師になりたいと思ったのが、かなり遅くて高校2年生の2学期の始めで、他の医学部受験生よりもかなり遅かったため、その遅れを取り戻すために親に頼んで東京の医学部受験対策専門の予備校メディカルラボに通わせてもらう事にしました。
どこの予備校を選んでいいのか解らなかったので、始めに選ぶために、ネットなどで調べて有料無料請求にかかわらず東京に校舎がある医学部予備校のほとんど全ての資料請求をしました。
届いた資料を見ていると、どこも合格実績を強調する資料が多くて、合格者を合計したらその年の合格者全体を倍近くいるので、2校同時に通う人もいるのかなと疑ってどこに通っていいのか決めかねていました。
資料を見ていたら、相談会をやっている施設も多かったので、取り敢えず説明会を聞きにいきました。
その説明会を受けていて、実際の合格者数と合格実績の差についての説明をされて、受験予備学校によっては、一次試験を通過した人や、補欠での合格者も合格実績を水増しするために合格実績に入れて発表している事を知りました。
その後説明は続き、最終進学者数が受験予備学校選びで一番重要だという事を知りました。